個人同士ではとても簡単にやり取りをする事ができますが

物と物のやり取りをする事は、色々な所で行なわれているのかも知れません。

私たち個人でも、割とこのような事を日頃からやっているのではないでしょうか。

例えば小銭を持ち合わせていない時に、近くにいた方から小銭を借りてジュースを購入する事もあるはずです。

これも物と物との立派なやり取りとして考えられます。

このような事を個人でやっているので、口約束だけで済んでいるのではないでしょうか。

しかし日中貿易のように、物と物のやり取りを国同士で行なうような場合は、このような簡単なやり取りだけでは終わらないはずです。

そして、もしこのような簡単なやり取りが行なわれたとしたら、国同士の信頼関係が大きく崩れてしまうようになるかも知れません。

日中貿易の事が色々な所で話題になっていますが、実際にはとても大変な事であると認識しておきたいものです。

そして、そのような難しさが背景にある事が理解できれば、日常の行動も大きく変わる事でしょう。