3Sの考え方が今の日中貿易に必要なのかも知れません。

3Sという言葉が世間で言われる時、それを意味するのは主に地球上に存在している資源に対する考え方を言っているのではないでしょうか。

その他にも3Sには色々な意味が含まれていますから、時には服のサイズを表すと考える方がいるかも知れません。

しかし、世間でその言葉が言われる時に、服のサイズとして考えられる事は殆ど無いでしょう。

やはりそれよりも如何に資源を最小限に食い止めるのかという考え方が主流となるのではないでしょうか。

日中貿易が昔よりは盛んに行なわれるようになってきた現代社会であるからこそ、3Sという考え方が特に重要視されているのかも知れません。

以前あったバブル期では、あまりこのような考え方は採択されていなかったのかも知れません。

その頃はとにかく日中貿易を盛んに行ない、国力をどんどん付けていく事を目的としていた風潮があったのではないでしょうか。

しかし時代はどんどん流れていき、今ではその考え方は通用しないかも知れません。